【すけべ小説】習字の先生は生徒の筆を握る

先生

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

着物後ろ

私は古都真知子、52歳、書道の師範。

今日は教え子の結婚式、主人と行くはずが主人は倒れて入院してしまった。
仕方がなく、一人で出席した。
だいぶん呑まされたわ、知り合いが多い結婚しきだから、お酒を注がれ注がれ
早く家に帰らなくては・・。
玄関先で待つ弘樹

着物前
私は自宅で書道教室を開いて子ども達に書道を教えている。

玄関先で待つ弘樹怒る先生
私の教室は躾には厳しく書道を通じてマナーや道徳をおしえている。
親たちからも絶大な信頼を得ている。
吉村たくみ泣く

 

 


私、ベロンベロンに酔っているんです。
こんな事は初めてなんです!

 

何かの間違いです!子供は大好きだけど、性的な感情は持ったことは
ありません!
お酒、お酒が悪いんです!

着物前先生変化生着替え
やめて~、何を考えてるのよ~。
水飲みなさい!水いっぱい飲んで正気になって!
着物前先生変化生着替え 帯
脱ぐな!脱ぐな~!

着物前先生変化生着替え3

お願い脱がないで~!

着物前先生変化生着替え2
イヤー!ああああ。

着物前先生変化生着替えボイン
誰か~私を止めて~!

先生の生着替え4

お酒のせいです!ああ、みんなお酒が悪いんです!
着物前先生変化生着替え5
もう、今度は何する気だ?

着物前先生変化生着替え7
終わった・・・・・。

私の人生終わった。

書道の先生全部見せ!

誰か私を撃ち殺してください・・。

書道教室の先生裸素材2
服着ないんか~い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました