年の離れたお姉ちゃん 童貞卒業 #昭和 #姉 #弟 #近親相姦

porn-story

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

町に住んでいる8歳上の姉ちゃんから電話があった。

俺の高校卒業のお祝いにご馳走してくれるというのだ。

町までは車で20分程だがバス、電車を乗り継ぐと1時間はかかる。

まあ、高校に町まで通ってたので地元みたいなものだ。

お姉ちゃん夫婦がよく行く居酒屋さんに呼ばれた。

田舎の姉ちゃん

姉ちゃんは2歳になったばかりのタカシを連れて来ていた。

俺は、卒業して実家の農業を継ぐことになっている。

「今日は昌夫さんは仕事?」

「旦那は友達と温泉いってるのよ」

「へえ、楽しそう」

「どうせ、女遊びよ」
「え?結婚してるのに?」
「男なんて、そういうものよ」
温泉遊び昭和
この時代の温泉街には、ストリップ小屋や枕営業してる女性は
沢山居た。
それ目的で温泉にいく輩もいたのだ。

「さぁ、食べて呑んで」

昭和50年代は、高校卒業すれば喫煙、飲酒にはうるさくなかった。
おおらかな時代だった。

そして話は、嫁の話になった。
「俺、まだ18だよ!」
「彼女はいるんでしょ?」
「居ないよ」
「アンタ、まさか?」

田舎の姉ちゃん驚き

酒の力を使って告白してしまった・・。

この頃、田舎では結構、性体験はみんな早かった。
盆踊りや村祭りで童貞や処女を卒業する若者も沢山居た。

俺は10歳の時から姉ちゃんが好きだった。
最初は姉ちゃんの同級生で近所のミヨちゃんが好きだったが
お姉ちゃんに替わってしまった。
その事はお姉ちゃんも気が付いてるはずだ。

田舎の姉ちゃん照れる

楽しい時間はあっという間だったが、思わぬ展開になった。
姉ちゃんと居酒屋

姉ちゃんの住んでるところは農組の社宅で元々姉ちゃんも
その農組で働いていた、社内結婚だ。

本当に3人で寝ることになった。

 

姉ちゃんは卒業祝いに童貞も卒業させてくれる・・。
 姉ちゃんと川の字
「もう、仕方ないわね・・」

タカシが寝ている横で?
姉ちゃんからのお誘い

 

 

最高の卒業祝いだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました